カテゴリ:学校日記
7月15日(金) 特別支援教育の理解教育

3年生は、はなみずき教室の先生と「こんなときどうする?を考えよう」という、支援要請についての授業をしました。
初めに、すごろくトークをしました。3〜4人のグループごとに、すごろくゲームを通して、支援要請の仕方について話し合いました。すごろくには、サイコロをふってその場所にくると、日常の様々な場面が書かれてあり、それを話題にしてグループで話し合いました。一人で考えても思いつかなかったお願いの仕方が友達と話し合うことで「そう言えばよかったんだ。」と気付くことができました。
子供たちは、誰かができなかったり、困っている様子に気付き、優しく声をかけたり、助けたりすることで仲良くなれることを学びました。

6A1E2F72-127B-4C3A-995D-F84FDFBDAA84.jpeg

30EE4D07-5747-4B99-8544-47107E26DF69.jpeg

公開日:2022年07月19日 06:00:00