はなみずき教室の紹介

 

教室紹介

教室の前に、ハナミズキの木があります。「ハナミズキ」は、武蔵野市の市民の木の一つで、皆から親しまれている木です。開級にあたり、四小の児童たちによる公募の中から、「はなみずき教室」に決まりました。ハナミズキの成長とともに、健やかに子供たちが育つようにとの願いを込めました。

教室前にあるハナミズキの木

ハナミズキの花

 

入級対象児童
武蔵野市の通常の学級(第三小学校、第四小学校、大野田小学校、本宿小学校)に在籍する児童で、下記のような状態にある児童を入級対象としています。

☆学習能力のアンバランスから、特定の分野での学習に困難がみられる児童

☆コミュニケーションの面での困難さから、集団での行動がとりにくい児童

☆情緒面での困難さから、落ち着いて授業に参加できない児童

☆その他情緒面において個別の指導が必要な児童

 

学級の概要

【設置校名】 武蔵野市立第四小学校
【学級名】 特別支援教室 はなみずき教室
【所在地】 〒180-0001
武蔵野市吉祥寺北町2丁目4番5号
学級直通  0422-22-1443(TEL/FAX)
【開設年月日】 平成19年4月1日
【学級形態】 特別支援教室
【教職員】 教諭9名  特別支援専門員4名(各校1名)
【児童数】 平成30年8月6日現在 85名
  男子 女子 合計
第三小学校 17 3 20
第四小学校 22 6 28
大野田小学校 18 9 27
本宿小学校 8 2 10
【施設】      
みんなの部屋 個別学習室 ランチルーム プレイルーム

 

教育目標

1 教育目標

 

児童一人一人の教育的ニーズに応じて状態の改善を図り、学校や社会において自信をもって生活できる児童を育てる。

・安心して学校生活を送れるよう、自己有能感を育てる。

・社会生活に必要な知識・技能・習慣を身に付け、主体的に行動する意欲を育てる。

・自らの特性を知り、自分に合った学び方で自己を高める意識を育てる。

2 基本方針

 

「自立活動」の指導を通して社会参加や自立を促す。また、必要に応じて「各教科の補充指導」を行う。

・在籍校・保護者と協議して個別指導計画を作成し、個の特性に応じた指導の充実を図る。

・児童の特性に応じて集団を編成し、個別指導と集団指導を組み合わせて効果的・効率的に指導を行う。

・在籍校・平成29年度の特別支援教室事業全面実施にあわせて巡回指導を実施する。

・在籍校担任や保護者と連携を図り、必要に応じて支援環境の調整を行う。

3 指導の重点

 

・自ら物事に取り組む姿勢を育てるとともに成就感をもたせる。

・自分と相手の気持ちに違いに気付かせることで情緒の安定を図る。

・他児との関わりを通して、人間関係の形成を図る。

4 授業時間等

 

・児童の実態に応じて、通級指導の曜日や時間設定を行う。

 

教材紹介

リコーダーに優しく
息を吹き込むために

元気のバロメーター

怒りの気持ちのメーター

リコーダーに吹き込む息の量を調整する練習をする物です。卓球ボールの右にあるストローを使って、優しく息を吹いて穴にボールを入れる練習をします。

真ん中の神を右に引くと、エネルギー量が色で示されます。自分の心の状態を電池に見立て、その状態を客観的に見ることができます。

怒りメーターです。気持ちをメータに見立て上に貼ってある顔で今の自分の気持ちを客観的に見てメータで表します。怒りだした子に教員が一番右のメータをさし、「今のあなたのはこれくらい?」と聞くと、多くの子が笑い出します。

 

 

←学校紹介のトップに戻る

更新日:2018年08月06日 13:32:29